埋め込み動画を保存するには?便利なソフトを紹介

埋め込み動画を保存したい場合は、その場でツールを使うか、
元の動画まで飛んでそちらをダウンロードするかの2択です。

元の動画の場合、youtubeやニコニコ動画ならばだいぶ楽で話は簡単です。
最近ではyoutubeやニコ動のダウンロード方法はたくさんありますので、そのうちのどれかを利用しましょう。

そして元動画に飛ばずにそのまま保存する場合、
この方法だとダウンロード保存が出来ない場合があります。
URLの検出が難しい動画等ではダウンロードすることができないので、
録画保存するのがおすすめです。

アダルト動画などだと動画の配信元にアクセスすることは余りおすすめできませんので、
画面の録画保存で埋め込み動画を保存することをおすすめします

録画保存を行なう場合は、なるべく高画質で保存できるツールを使ったほうがいいです。
無料のツールだと画質の劣化や録画に制限時間があるなど、制約が掛かっていることがおおいので、
おすすめはこのツールです。

埋め込み動画はレアな動画が多いので、気になるものはなるべく速く録画保存しましょう。

埋め込み動画ってどういうもの?

埋め込み動画とはyoutubeやニコニコ動画などの動画を他サイトに設置することを言います。
埋め込み動画は元となる動画をダウンロードする必要はなく、動画のURLが含まれたhtmlを発行して、
それを自分が運営しているサイトや掲示板など、様々なところに設置することで、動画を埋め込むことが可能です。


だいたいが動画を再生した際に共有というボタンをクリックすることでhtmlが発行されるので、
埋め込みたい動画が有る場合は、共有ボタンを探してhtmlを利用しましょう。

埋め込み動画は元となる動画が削除されてしまった場合、
掲載したサイト側でも動画を再生できなくなってしまいます。
サイトにもよりますが、削除されやすい動画はなるべく掲載しないほうが懸命です。

動画が観れなくなったままの状態で放置するとあまりサイトにいい影響が与えられることもないので、
定期的に動画が再生可能か確認しなくてはいけません。
正直手間ですよね。。。


最近では2チャンネルなどで動画が掲載されている場合は埋め込み動画だと思います。
サイトのURLを直接張るよりも楽なので、多数に共有しやすいという利点もありますね。